江戸川学園取手中・高等学校

難関大コース

 難関大コースには大きく分けて高入生クラスと中入生クラスがあります。高1の段階では中入生と高入生は別々のクラス編成で、高2から中入生、高入生が合流します。
 授業の内容は基礎から応用まで幅広く演習を行い、将来、上位の国公私立大学合格を目指して指導していきます。

難関大コースのクラス編成

1年次
 中入生(本校中等部から進学してきた生徒)と高入生(他の中学から入学してきた生徒)は別々のクラス編成となります。
高入生は高等部2年終了時までに中入生に追いつくようにカリキュラムが作成されています。
2年次
 中入生と高入生が合流した文理別のクラス編成になります。進度が異なる数学については中入生と高入生に分かれて授業を実施します。
3年次
 受験を考えたクラス編成で現役合格を目指します。文理共に志望別のクラス編成になります。同じ目標を持った生徒同士が集い、切磋琢磨することで成長します。

 


医科コース
東大コース
難関大コース
本校の教育
特徴
中等部の教育
高等部の教育
TOPへ戻る
学校案内
本校の教育
学校生活
入試情報
進路
在校生・保護者の方へ
その他
卒業生の方へ
新入学生の方へ
江戸川学園取手中・高等学校