江戸川学園取手中・高等学校

学習の特徴 高等部の教育

授業重視を貫き難関大学への合格をめざします 「授業が一番」をモットーに、授業重視を貫いています。

 江戸取は「授業が一番」をモットーに、授業重視を貫いています。特に、100分授業では、数学の思考力を要する難問を扱ったり、英語の長文読解問題を扱うことが可能になり、効果的な授業が展開されています。その結果、本校の授業中心の学習に取り組むことで、難関大学への現役合格を可能にします。
 江戸取の朝は早く、多くの生徒は8時前には登校して朝学習に参加しています。朝を制するものが一日を制し、受験を制することにつながります。
 また、朝だけでなく放課後の学習会や勉強合宿を通して、自修学習の習慣を確立することで、真の実力養成を目指して行きます。
 江戸取には、高い志を持った仲間と切磋琢磨できる素晴らしい環境があります。

高校の3つのコース

高校の3つのコース

 


医科コース
東大コース
難関大コース
本校の教育
特徴
中等部の教育
高等部の教育
TOPへ戻る
学校案内
本校の教育
学校生活
入試情報
進路
在校生・保護者の方へ
その他
卒業生の方へ
新入学生の方へ
江戸川学園取手中・高等学校