江戸川学園取手中・高等学校

国際教育

多様な価値観に 対応できる 国際人を育成

異文化との共生を目指す グローバルエデュケーション

 今日は国境を越えて人やモノ、情報が短時間に動く「ボーダーレス社会」の時代ですが、便利になる一方で、環境破壊、国際紛争、食糧不足や感染症など、世界中が協力し合わなければ解決できない地球規模の諸問題が増えています。今後は人類の平和とその持続可能性追求のため、多様な文化を持った国々と共生することが求められます。
 本校では開校以来、ますますグローバル化する国際社会の動向を予測し、高等部では1988年から「カナダ修学旅行」、そして、1989年から「オーストラリア短期留学」を実施し、生徒達は海外で仲間と共に貴重な体験をし、国際人としての資質を培ってきました。平成25年度からは「アメリカ・アカデミック・ツアー」を実施し、ハーバード大学で本校卒業生の研究者の講演を聞いたり、MITのキャンパスツアーや国連本部の見学、ワイントンDCでの研修を行っています。さらに、校内では最新のマルチメディア設備を備えたオーディトリアム大ホールにおいて、国際的な著名人による講演会や国内外の一流の演奏家によるコンサート等を開催するなど、グローバル・スタンダードの教育を実践しています。
 江戸取は「心の教育」を基礎として、高いコミュニケーション能力や多様な文化・価値観を理解する柔軟な知性を備えた「心豊かなリーダー」の育成を目指しています。

中等部

九州修学旅行 「APU異文化体験学習」

 中等部修学旅行は、2009年度から11月に4泊5日の日程で九州で行われます。九州各地を回り、異文化体験学習と平和学習をテーマとして実施されます。

 福岡では詩人北原白秋の故郷詩情あふれる水郷柳川や庭園「御花」を訪れ、2日目はAPU立命館アジア太平洋大学で異文化体験学習が行われます。世界約80カ国から集まった留学生とディスカッションを行い、英語のコミュニケーションを実践するだけでなく、異文化及び自国の文化に対する理解を深めます。
 3日目は阿蘇山、草千里の大自然に触れ、日本三名城の一つに数えられる熊本城を見学します。
 4日目は平和学習として長崎の平和祈念公園や原爆資料館を見学し、「平和講話」を通して原爆の惨状を学び、平和の願いを新たにします。その後、グループに分かれて異国情緒あふれる長崎市内で自主研修を行います。
 最終日の5日目は学問の神様・菅原道真公を祀る太宰府天満宮と吉野ヶ里遺跡を見学し、福岡から空路羽田空港へ向かいます。

高等部

カナダ修学旅行

 高校生活最大のイベントといえばなんと言ってもカナダ修学旅行です。ロッキーの山々の峰には積雪が残り一番美しく見える季節が5月です。コロンビア大氷原では雪上車に乗って青く輝く氷原を進みます。バンクーバーでは現地の高校生との交流会。自主行動は仲間たちとの楽しい時間です。雄大な自然と優しい人々との出会い。自分の英語力を試すのもこの修学旅行の目的でもあります。カナダで過ごした素晴しい時間は必ず一生の思い出になります。

笑顔が絶えない交流会

 バンクーバー郊外にあるノートルダム高校。ウェルカムパーティが始まりノートルダムの生徒たちの歌と踊りが出迎えてくれました。その後はバディと一緒に授業に参加しました。カナダでは授業ごとに教室を移動します。昼食を終えると交流会も終わりを迎えます。心配していたコミュニケーションも取れるものです。別れることが悲しくていつまでも握手をしている姿が目につきます。
 日本では決して得ることのできない貴重な体験となります。

感動のカナディアン・ロッキー

 カナディアン・ロッキーの入り口にあるバンフからアサバスカ氷河までの旅が始まります。
 バンフの街の象徴であるカスケード山を眺めながら、次の目的地はレイクルイーズ。ロッキーの宝石と呼ばれている湖です。そのエメラルド色に輝く湖も5月には氷結していました。キャッスルマウンテンやボーレイクの美しさに感動しているとアサバスカ氷河に到着します。ここからはバスから雪上車に乗り換えて、氷河の上を進みます。太陽の光を浴びて青く輝く氷河に言葉も出ませんでした。
 その美しさに感動するのと同じようにカナダの人たちの自然に対する接し方にも感動しました。国立公園内では石ころひとつ葉っぱ一枚持ち帰ることは許されません。自然の生態系を変えてしまうからです。多くのことを感じさせてくれたカナディアン・ロッキーでした。

オーストラリア短期留学(夏休み実施)

 国際教育の一環として1989年から「オーストラリア短期留学」ホームステイプログラムを実施しています。
 昨年は7月26日に成田を発ち、約10時間のフライトを経て7月27日にシドニー国際空港に到着し、飛行機を乗り継ぎブリスベン国際空港に向かいました。到着後バスに乗り留学校となるノースサイド・クリスチャン・カレッジとサンシャイン・グラマー・スクールに向かいました。7月29日から留学プログラムが予定通りスタートし、本校生対象の英語の授業が午前中実施され、午後は現地校の授業に参加したり、江戸取生は英語で、現地生は日本語でコミュニケーションをするという授業もありました。最終日の8月9日にはホームステイでお世話になったお礼に本校生がホストファミリーを招いて、感謝の気持ちを込めて「お別れ会」を主催しました。ACUから短期留学のプログラム終了証が一人ひとりに授与された後に、本校生が司会を務めて、浴衣を着た女子の盆踊りや男子のリコーダーの演奏等で会は大変盛り上がりました。
 親元から遠く離れたオーストラリアのホームステイを通して、生徒たちは観光旅行では決して得られない心の触れ合いを身をもって体験することができました。
 ※オーストラリア短期留学感想(みんなの声)

アメリカ・アカデミック・ツアー

 第1回アメリカ・アカデミックツアーを2013度末の3月18日から3月24日に実施致しました。世界有数の学園都市を形成しているボストン、世界の首都とも言われるニューヨーク、そしてアメリカ合衆国の首都であるワシントンD.C.を訪ねました。ボストンでは世界の英知が集う世界大学ランキングにおいて、常に上位にランクされているハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)にて研修を致しました。
 ハーバード大学では、博士研究員で現在留学している医師でもある本校卒業生2名より「グローバルリーダーを目指して」、「留学のススメ」などの実体験に基づいた大変貴重な講演をして頂きました。
 次に、マサチューセッツ工科大学(MIT)では、キャンパスツアーとMITでの学問や研究成果を幅広く社会と結びつけることを主なミッションとしているMITミュージアムを見学しました。実際に触れて、動かことができる展示物もあり生徒達は大変強い関心を示しました。ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学の教員または卒業生のノーベル賞受賞者は、合わせると累計150人を超える驚くべき数字となります。


 ニューヨークでは、このツアーのハイライトの一つでもある国際連合本部を訪問しました。特別な許可がないと入れないイースト川を見下ろす国連内のカフェテリアでPKO関係の仕事をされている日本人職員3名の方と会食形式で懇談をし、将来のキャリア教育においても大変重要なものとなりました。


 最後の訪問都市であるワシントンD.C.では、連邦政府の建物、ホワイトハウス、国会議事堂、アメリカ合衆国第35代大統領のケネディ大統領が眠るアーリントン墓地、リンカーン記念堂、1億4,200万点の収集物が展示されていると言われるスミソニアン博物館群の見学を中心に非常に有意義な時間を過ごしました。
 ※アメリカ・アカデミック・ツアー 生徒感想(みんなの声)

本校の教育
特徴
中等部の教育
高等部の教育
TOPへ戻る
学校案内
本校の教育
学校生活
入試情報
進路
在校生・保護者の方へ
その他
卒業生の方へ
新入学生の方へ
江戸川学園取手中・高等学校