PCサイトはこちら  >

教育理念・道徳授業

えどとりの教育理念は「心豊かなリーダーの育成」です

 本校は「心力」「学力」「体力」、三位一体の教育を実践しています。特に本校教育の特色を示すものは道徳教育です。
 「心力」の教育は、具体的には「道徳の授業」、「ロングホームルーム(LHR)」、「合同ホームルーム(合同HR)」で行います。教師が講話をし、生徒はそれを聞き、メモを取り、自分の感想文を大学ノートに1ページ書きます。
 それに対して担任は同じ量のコメントを書いて返します。
 「プラスの言葉を与え、プラスの文章が返ってきて……」という生徒教師間のやりとりを3年間、または6年間継続します。その中で「陽転思考」の習慣をつけることができます。即ちプラス思考の習慣です。これはまさに人格形成の基本を身につけているのです。
良き習慣が、人格作りに直結します。そこで生徒に「心の誓い」の5項目を話しています。
 こうして本校は「心豊かなリーダーの育成」、つまり真のエリート教育を進めています。

5つの心の誓い
  1. 常に感謝の気持ちを持つ。
  2. 人への思いやりの心を持つ。
  3. 運動に勉強に一生懸命努力する。
  4. 夢に向かって忍耐する心を持つ。
  5. 夢に向かって忍耐する心を持つ。

教育の特徴

特徴01

心の教育

 本校は、「心の教育」に力を入れています。特に中等部1年生と高等部1年の高入生とに対して行う道徳授業は、極めて重要です。そのために、人生経験豊富なベテラン教師による道徳授業の特別チームを編成して、副校長をはじめ、本校の中核を成す先生方が、充分な準備をした上で授業に臨んでいます。授業は、70分を1回として、中等部は年間14回、高等部は8回実施します。また、従来通り、道徳授業を引き継ぐ形でLHR及び合同HRを行い、これらの連携に基づいて本校独自の「心の教育」を実践しております。

道徳の授業

教育基本法に掲げる「人格の完成」を目指し、基本的に学習指導要領に基づいた道徳教育を展開します。

STEP1
ベテラン教師によるテーマに沿った講話

道徳の講話は経験豊富なベテランの教師が、決められたテーマについて各クラス単位で行います。実施テーマは下記の通りです(順不同)。

  1. 友人の多様性を受容する
  2. 自由と責任
  3. 文化の多様性
  4. 国際社会に生きる
  5. 社会の一員として
  6. ルールについて考える
  7. 公共心・公徳心を養うために
  8. なぜ私たちは学ぶのか
  9. いじめの無い社会
  10. 礼儀について
  11. 家族について考える
  12. 働くことの意義
  13. 社会福祉
  14. 命の尊さを知る
STEP2
講話を聴いて、グループに分かれた生徒は互いに意見を出し合い、じっくりと話し合う

テーマについて事前に生徒たちに知らせ、じっくり考えさせたり、家庭で話し合いをさせたり、資料を調べさせたりして、道徳の授業への参加意識を高めさせます。

STEP3
グループでまとめた意見をクラス全員へ発表する

授業形態は講話35分、話し合いと意見発表30分、まとめ5分を基本とし、生徒たちにじっくりと考えさせ、生徒自身の道徳性を高めていくようにします。

STEP4
教師によるまとめの後、生徒は「道徳のノート」へ記録していく

道徳のノートは、将来の自己実現に向けての大切な記録となります。授業の要点を整理し、自分の考えや感想を書き、木曜日に提出します。

STEP5
教師との心のキャッチボール 二人三脚で心の成長

担任の教師は生徒個々の個性を尊重し、出来るだけ生徒の良い点前向きな点を評価し、適切なコメントを書いて返却します。