江戸川学園取手中・高等学校

江戸取ニュース

紫峰祭バザーの収益金・常総市への義援金について

 
紫峰祭バザーの収益金・常総市への義援金について
 
紫峰祭実行委員
 
 10月10・11日に行われた紫峰祭には、6000人を越える多くの方にご来場いただき、ありがとうございました。また紫峰祭バザーにも多くの方にお越しいただきました。バザーの収益につきましては、
 
     合計金額   181,475 円  となりました。
 
 また 常総市への義援金は、142,094 円となりました。
 
 本校卒業生の保護者の方にも暖かいお言葉を頂いたり、義援金をお持ちいただく方もいらっしゃいました。「今まだ辛い生活を過ごされている常総市の方々に少しでも寄り添えたらと思います。義援金活動ありがとうございます。」というメッセージも義援金箱に入れられておりました。皆様の暖かいお心に感動を禁じえませんでした。
 ご協力いただきました皆様に厚くお礼を申しあげます。
 
 当初、バザーの提供品につきましては、「日本赤十字社」「日本ユニセフ協会」に寄付させて頂きたいということでお知らせをしておりましたが、9月10日に、予想もしていなかった東北・関東豪雨により、常総市が甚大な被害を受けており、今もなお多くの方々が避難生活をしておられる状況が続いております。本校生も「できることをさせていただきたい。常総市の力になりたい。」という思いを持ち、ボランティア活動にも参加させていただいておりますが、今回紫峰祭バザーの収益金と義援金を合わせまして、323,569円を常総市に寄付させていただくことに致しました。
 
 10月21(水)に常総市を訪問し、皆様の暖かなお心遣いと義援金を常総市市長 高杉 徹 様に、生徒会役員でお届け致しましたのでご報告致します。お忙しい中、高杉市長さんは私達とのお時間を作って下さり、色々とお話をさせていただくことができました。
 関東・東北豪雨による被害は、常総市の住民6万人の内、5割の約3万人の方が被害に遭われてしまったそうです。そして今も尚、300人の方は、6カ所の避難所で生活をされているということでした。その他3000名の方は、自宅には帰れず、アパートなど、他の住居で生活をされていらっしゃるというお話をお聴きしました。そして、今回義援金をお届けさせていただいたことや本校生がボランティア活動に参加させていただいていることを「本当に有難いことです。」と何度も何度も感謝の言葉を頂きました。
 
 また市の職員の方からは、9月10日に避難が遅れ自宅の中で取り残され、ようやくヘリコプターで救助された方々は、あの時の恐怖が今でも忘れられないというお話もお聴きし、改めて今回の被害の大きさを認識すると同時に、まだまだ私達にもできるお手伝いをさせていただきたいという思いを新たに致しました。
 東日本大震災によって大きな被害を受けられた方々は、常総市を訪問され、一軒一軒に10kgのお米を届けて下さっているというお話もお聴きしました。「あの時、日本中の方々に助けていただいたから、今度は自分達がお力になりたいと仰ってくださいました。だから今度どこかでこのようなことがあったら、次は、自分達もそこに駆けつけてボランティアをさせていただきたいと心から思っています。」このようなお話をお聴きし、人の心の温かさと人の繋がりの素晴らしさを感じ、またとても大切なことを実感して帰って参りました。
 
 
 10月21日(最終金額)

 義援金(職員室前・JSR前)

 94,188 円

 義援金(コミュニティホール前)

 47,906 円

義 援 金 合 計

142,094 円

 バザー収益金

181,475 円

            合   計
 

 323,569 円
 
 
 
 
 

mokuroku.jpgTaro-2015s-003a.jpgTaro-2015s-003.jpg

 

Taro-2015s-004.jpg

カテゴリ
最近の記事
アーカイブ
TOPへ戻る
学校案内
本校の教育
学校生活
入試情報
進路
在校生・保護者の方へ
その他
卒業生の方へ
新入学生の方へ
江戸川学園取手中・高等学校