江戸川学園取手中・高等学校

江戸取ニュース

2015年10月

紫峰祭バザーの収益金・常総市への義援金について

 
紫峰祭バザーの収益金・常総市への義援金について
 
紫峰祭実行委員
 
 10月10・11日に行われた紫峰祭には、6000人を越える多くの方にご来場いただき、ありがとうございました。また紫峰祭バザーにも多くの方にお越しいただきました。バザーの収益につきましては、
 
     合計金額   181,475 円  となりました。
 
 また 常総市への義援金は、142,094 円となりました。
 
 本校卒業生の保護者の方にも暖かいお言葉を頂いたり、義援金をお持ちいただく方もいらっしゃいました。「今まだ辛い生活を過ごされている常総市の方々に少しでも寄り添えたらと思います。義援金活動ありがとうございます。」というメッセージも義援金箱に入れられておりました。皆様の暖かいお心に感動を禁じえませんでした。
 ご協力いただきました皆様に厚くお礼を申しあげます。
 
 当初、バザーの提供品につきましては、「日本赤十字社」「日本ユニセフ協会」に寄付させて頂きたいということでお知らせをしておりましたが、9月10日に、予想もしていなかった東北・関東豪雨により、常総市が甚大な被害を受けており、今もなお多くの方々が避難生活をしておられる状況が続いております。本校生も「できることをさせていただきたい。常総市の力になりたい。」という思いを持ち、ボランティア活動にも参加させていただいておりますが、今回紫峰祭バザーの収益金と義援金を合わせまして、323,569円を常総市に寄付させていただくことに致しました。
 
 10月21(水)に常総市を訪問し、皆様の暖かなお心遣いと義援金を常総市市長 高杉 徹 様に、生徒会役員でお届け致しましたのでご報告致します。お忙しい中、高杉市長さんは私達とのお時間を作って下さり、色々とお話をさせていただくことができました。
 関東・東北豪雨による被害は、常総市の住民6万人の内、5割の約3万人の方が被害に遭われてしまったそうです。そして今も尚、300人の方は、6カ所の避難所で生活をされているということでした。その他3000名の方は、自宅には帰れず、アパートなど、他の住居で生活をされていらっしゃるというお話をお聴きしました。そして、今回義援金をお届けさせていただいたことや本校生がボランティア活動に参加させていただいていることを「本当に有難いことです。」と何度も何度も感謝の言葉を頂きました。
 
 また市の職員の方からは、9月10日に避難が遅れ自宅の中で取り残され、ようやくヘリコプターで救助された方々は、あの時の恐怖が今でも忘れられないというお話もお聴きし、改めて今回の被害の大きさを認識すると同時に、まだまだ私達にもできるお手伝いをさせていただきたいという思いを新たに致しました。
 東日本大震災によって大きな被害を受けられた方々は、常総市を訪問され、一軒一軒に10kgのお米を届けて下さっているというお話もお聴きしました。「あの時、日本中の方々に助けていただいたから、今度は自分達がお力になりたいと仰ってくださいました。だから今度どこかでこのようなことがあったら、次は、自分達もそこに駆けつけてボランティアをさせていただきたいと心から思っています。」このようなお話をお聴きし、人の心の温かさと人の繋がりの素晴らしさを感じ、またとても大切なことを実感して帰って参りました。
 
 
 10月21日(最終金額)

 義援金(職員室前・JSR前)

 94,188 円

 義援金(コミュニティホール前)

 47,906 円

義 援 金 合 計

142,094 円

 バザー収益金

181,475 円

            合   計
 

 323,569 円
 
 
 
 
 

mokuroku.jpgTaro-2015s-003a.jpgTaro-2015s-003.jpg

 

Taro-2015s-004.jpg

NHKで本校生が参加した「大科学実験」が放送されました

7月24日と25日の2日間、NHKエデュケーショナル制作のEテレの番組「大科学実験」に本校の生徒270名が参加しました。無事に編集作業も終わり、10月17日(土曜日)19:45~19:55に放送されました。

番組内容

大スケールの実験をスタイリッシュな映像で描く科学教育番組"大科学実験"。
テレビの画面を拡大して見ると、赤、緑、青の3色の光が並んでいる。白い部分を見ると3色とも点灯。黄色い部分を見ると赤と緑だけが点灯。他の色もこの3色それぞれの光の強さの違いで出せる。では、赤、緑、青の3色が点灯するパネルを270人が持って並び、点灯させる色を変化させたらどうなる?やってみなくちゃわからない!
【ナレーション】細野晴臣

 

実験66 人間巨大ビジョン「実験の様子(あらすじ)」

http://www2.nhk.or.jp/school/movie/outline.cgi?das_id=D0005110352_00000

 

実験66 人間巨大ビジョン「動画を見る」

http://www.nhk.or.jp/rika/daijikken/?das_id=D0005110352_00000

 


daijiken_150724_CIMG0633.JPG

お世話になった常総市の力になりたくボランティア活動に参加!

常総市で起きた豪雨による甚大な被害は、驚きを隠せませんでした。東日本大震災時の津波のニュースを見ている時と同じような恐怖を感じました。自然界の脅威を痛感すると同時に、救助されている方々の懸命な姿を見て人間の素晴らしさを感じました。また当たり前の生活を当たり前に送れることが如何に幸せであるか、日々の生活に対し感謝の気持ちが高まりました。

学校では、生徒会の声で義援金箱を設置しております。

IMG_0033.jpgIMG_0034.jpg


 災害のあった9月10日の翌日には、ハンドボール部員から「先生、、ボランティア活動に行きたいです。」と強い申し入れがありました。そしてその気持ちは変わることなく、強い希望が続き、学期末休業日の9月29日(火)に、常総市災害ボランティア活動に参加して参りました。申込をすると、ボランティアを希望されている方からの依頼とマッチングしてくださり、今回は、元家具屋さんであった倉庫の中にあった大きな家具類を全て外に運び出すという活動を行ってきました。被災から19日も経過していたのに、何も手を付けられていない状況でした。倉庫の1階が水に浸ってしまい、全く手を付けられない状況だったそうです。家具や寝具は、水浸しでした。そんな中、黙々と、水浸しになっている家具を外に運び出しました。
 水害の影響を大きく受けた地域を歩くと、改めて被害の大きさを痛感しますし、まだまだ多くの人達の手を求めているところがあるということもわかりました。どうか、一日も早い復興を心より願い、これからも自分達ができることを少しずつでも実行していきたいと思いました。


1.jpg2.jpg3.jpg4.jpg

感謝されたボランティア活動(硬式野球部)

硬式野球部は9月20日(日)、今回の台風で鬼怒川が決壊し被災されたお宅に訪問し、9時30分から15時の間、藁の除去作業を中心にボランティア活動を行いました。部員は全員泥だらけになりながら献身的に活動しました。

P1010094.JPG
カテゴリ
最近の記事
アーカイブ
TOPへ戻る
学校案内
本校の教育
学校生活
入試情報
進路
在校生・保護者の方へ
その他
卒業生の方へ
新入学生の方へ
江戸川学園取手中・高等学校