江戸川学園取手中・高等学校

飛び級制度規定

英語及び数学の『飛び級制度』を設け生徒たちの学習意欲を高めます

教科飛び級制度の主旨
海外での学校生活経験者の増加や入学生のレベルアップに伴い、飛び級制度を平成14年度から実施しており、英語及び数学の飛び級制度を設けることで、生徒たちの学習意欲をさらに高めることを主旨としています。
飛び級の認定条件・継続条件
  1. 該当教科の成績が極めて優秀であり、飛び級先の授業を問題なく受講できると判断された場合。
  2. 中等部生については、教科の年間総合成績(定期実力試験、校内模試)が上位10位以内、高等部生については、教科の年間総合成績(定期実力試験、校内模試、外部模試)が上位10%以内でかつ、教科担任の推薦が受けられること。(指定の推薦書を教科担任は提出すること。)
  3. 生徒本人及び保護者共に、飛び級を希望していること。(保護者は飛び級学習申込書を提出。)
原則として、1年毎に上記①~③の条件を満たしているか否かの審査を行い、教科毎に飛び級の継続を学校長が認定します。
その他
  1. 飛び級により受講しなかった学年の教科については、定期試験を受験させる。
  2. 在籍学年の教科担当者は、飛び級の生徒のサポートを十分に行う。
  3. 通知票には該当学年の教科の成績と、飛び級先の学年の教科の成績を掲載すると共に、所見を添え、学習の様子や成績を保護者に伝える。(高等部は飛び級学年の成績のみ掲載。)
学校案内
TOPへ戻る
学校案内
本校の教育
学校生活
入試情報
進路
在校生・保護者の方へ
その他
卒業生の方へ
新入学生の方へ
江戸川学園取手中・高等学校